ALBUSノート

Vol.1「アルバムづくりは宝物づくり」

ALBUSの生みの親、伊野亘輝の想い

ALBUS(アルバス)がうまれたきっかけ

はちきれんばかりに泣いたり、キラキラ笑ったり、おかしいほど真剣だったり。ふにゃふにゃだと思っていたら、ぐっと大きくなったり。

くるくる変わっていく子どもの姿や表情、その「最高のいま」を残したい——子どもが生まれると、そんな願いからついついカメラを向けてしまいますよね。ぼくもそうです。

こんにちは、「ALBUS(アルバス)」の伊野です。

社内で打ち合わせ中のぼく。やはり、撮られるより撮るほうが好きです。

「ALBUS」は、3人の子どもの父であるぼく自身が、切実に「ほしい!」と思ってつくったサービスです。

あれは我が家に、2人目の子ども(長男)が生まれたときのこと。なつかしい気持ちもあり、2歳の長女が生まれてからの写真を見返してみたのですが……。

スマホに保存してある写真をいくらスクロールしても、果てがない。「あのイベントの写真はどれだっけ」と探しても、見つからない。「これ、何の写真?」のオンパレード。

がく然としたんです。「毎日こんなに撮っているのに、なんにも残ってない!」って。

この子たちが10歳、20歳になるころ、この写真はどうなってしまうんだろう? 子どもとデータを見返すことなんてあるだろうか? 

そこで慌てて一年分のアルバムを作ってみたものの、数カ月前の記憶はもうあやふやだし、数日がかりでヘトヘトに……。

「かんたんに、気軽に、たのしく、アルバムがつくれたら」

そんなふうに公私混同まるだしで生まれたのが、「ALBUS」でした(ですから、サイトに載っている写真も、じつはすべてぼくが子どもたちを撮影したものです)。

つづけることで、未来の自分たちにプレゼント

アルバムって、ちょっと不思議な存在です。

ただ写真にプリントした状態では、宝物じゃない。写真をしまっているときも、まだ宝物じゃない。1冊完成したときも、まだまだ宝物じゃない。でも、時間が経てば経つほど、家族みんなのたいせつな宝物になっていく。

だからこそ、「ALBUS」をつくるときにいちばんこだわったのは、「つづけられること」でした。つづけないと、アルバムが完成しない。家族の宝物にならないからです。

でも、子育て中ってホントに時間がないですよね。新生児期にはじまり、1歳には1歳の、3歳には3歳の大変さがある。だからこそ、できるだけシンプルに、かんたんに使ってもらえるようにと工夫してきました。

かわいいと好評の「ましかく写真」も、そのひとつです。縦長と横長の写真が混ざっていると、並べ方を考えないといけませんよね。でもましかくなら、写真が届いた瞬間、迷わず入れられます。

我が家のアルバム。夏休みはいいカットが多く、4ページ使ってしまうこともあります。

「8枚無料」が前月分だけなのも、じつは「いまやっちゃいましょう」のメッセージ。2ヶ月、3ヶ月たまると面倒になってしまうから、無料のうちにプリントしてくださいね、ということです。

「ALBUS」ユーザーの方には自称ズボラの方がとても多いのですが(笑)、おかげさまで「そんなわたしでもつづけられる!」とよろこんでいただけています。

「ALBUS」を、もっと家族の宝物にするヒント

アルバムは、それぞれの家族にとってのかけがえのない宝物です。どんな写真を選ぶか、正解はありません。

ただ、ALBUSユーザーのみなさんにぼくからひとつ提案するとしたら、「未来の子どもと自分」と相談しながら写真を選んでみてください、ということです。「どんな写真があったらたのしいかな?」って想像するんです。

たとえば、笑顔のアップばかりでなく「子どもの周り」も撮ってみる。親である自分たち、おばあちゃんやおじいちゃん、街の風景、リビングの様子、お祭りの屋台など、未来の「なつかしいね」を残すんです。いまは何の気なしに見ているものも、きっと「あのとき」の大事な思い出になるはずです。

アルバムの魅力って、SNSのようにおしゃれじゃなくても、スタジオ写真のようにキマってなくてもいいところですよね。むしろ他人から見たらなぜ選んだかわからないような、「ふだんの写真」がいい。

子どもの変なマイブーム、しょんぼりした背中、「病気が治って食欲が戻ったときの写真だよ」——家族だけがわかるものがたりを、ぎゅっと詰めこんでください。

我が家の宝物。

あと、子どもと一緒に毎月アルバムをつくるのもオススメです。我が家ではこのとき、1年前、2年前の同じ月の写真を見返しているのですが、彼らも自分の成長をよろこんでいます。「ぼく、赤ちゃんだ! 父(うちの子はそう呼びます)はぜんぜん変わってない!」って(笑)。

ぼくは、「ALBUS」というサービスが大好きです。でもなにより、「アルバムってステキだよ」と伝えたいんです。記録するだけじゃない、記憶にも残る、みんなでのぞき込める家族の宝物ができるよって。

「いつか、子どもが巣立つときに渡したい」。そんな親御さんの思いを聞くことも多い「ALBUS」。

宝物をつくる時間、ぜひたのしんでください。

ROLLCAKE株式会社 伊野亘輝

STAFF / ライティング:田中裕子(バトンズ) / 編集:今井雄紀(ツドイ) / 撮影:岡田裕介(ROLLCAKE)

ALBUSの藤井です。ALBUSの生みの親、伊野がサービスへの思いをお話します。
【応援】記事の評価をお願いします。

この記事を友達に教える