ALBUSノート

家族の宝ものになるALBUSBOOKのひみつ

ALBUSのましかく写真は、専用アルバム「ALBUSBOOK」にしまうだけで「かんたんに、気軽に、たのしく」家族の大切な宝ものができていきます。そのひみつをご紹介します!

写真をしまう“だけ”でかわいい

ALBUSBOOKはましかく写真が一番かわいく収まるよう、ポケットのサイズやレイアウトを工夫。

写真同士の間隔が同じだからこそ、1枚1枚の写真が主役として引き立ちます。

お気に入りのましかく写真をしまう“だけ”でかんたんにアルバムづくりをつづけられるのもポイントです。

丈夫でめくりやすい台紙

続きを読む

ALBUSノート

【もうすぐ敬老の日】ALBUSで写真をプレゼントする方法

9月20日(月)は「敬老の日」。今回のALBUS Reportでは、これまでALBUSで実施してきたさまざまな調査から「孫の写真」に関する意識を紐解き、おじいちゃん・おばあちゃんに元気を届けるALBUSの使い方をご紹介します。

会えないかわりにしたいことは「孫の写真を見ること」

まず最初に、孫と離れて暮らすおじいちゃん・おばあちゃんを対象に実施した「ゴールデンウィーク帰省」に関する調査をご紹介します。(2021年4月実施)

コロナ禍ということもあり、67.4%がゴールデンウィークでの子どもや孫の帰省予定はないと回答しました。

さらに、ゴールデンウィークに孫の帰省はないと回答したおじいちゃん・おばあちゃんに帰省のかわりにして欲しいことを質問したところ、孫の写真を見たいが最も多い回答になりました。… 続きを読む

ALBUSノート

アルバムがあって良かったことは?【なっちゃんちのALBUS vol.12】

続きを読む

ALBUSノート

「ALBUSBOOKミロコマチコ」ができるまで

絵本作家・ミロコマチコさんとコラボしたALBUSBOOKは、動物や植物が大胆に描かれ、ゴールドとシルバーの箔押しが目を引く1冊。

ミロコさんに、ALBUSBOOKの絵を描いたときのことを聞いてみました。

サバンナとジャングルを
テーマにしたのは?

「アルバムって、子どもやペット、風景と、いろんな写真が入りますよね。そうしたさまざまなものが混じり合う様子を表現するのに、たくさんの動物や植物が共存する、サバンナやジャングルの世界を描いたら愉快だろうあなぁって思ったんです。

山や川、森などよりも、遠くて知らない世界。想像力も広がりますよね」… 続きを読む

ALBUSノート

宝ものになる1枚は、どんな写真?【なっちゃんちのALBUS vol.11】

続きを読む

ALBUSノート

写真をたっぷり収納!リフィル追加のコツ

ALBUS専用アルバム「ALBUSBOOK」は、しまいたい写真が増えたら、リフィルを追加して台紙の枚数を増やせます。

リフィルは、1冊のアルバムの台紙の合計枚数が30枚になるまで追加できますよ。

リフィル追加の4ステップ

1)リフィルに付属の中継ぎビスを真ん中から外します。

2)アルバムを留めている表紙のビスをドライバーやコインを使って外します。
 ※後ろ側のビスを消しゴムなどで押さえると、簡単に外れます。… 続きを読む

ALBUSノート

【収納アイデア】インテリアになじむALBUSBOOKのしまい場所

みなさんは普段、アルバムをどこにしまっていますか?

家族の大切な写真がつまったアルバムは、せっかくならたくさん開いて楽しんでもらいたい。

こうした想いから、ALBUS専用アルバム「ALBUSBOOK」は、お家のどんな場所にあってもなじむよう、色味やサイズ感も大切にしました。

ユーザーさんからは「インテリアの色と合わせて選びました」「部屋の雰囲気と合うからうれしい」と言っていただくことも。今回は、ALBUSスタッフの収納アイデアをご紹介します。

01

いつでも手に取りやすい!

続きを読む

ALBUSノート

大きくなったら、写真ってどうする?【なっちゃんちのALBUS vol.10】

続きを読む

ALBUSノート

ちいさな達成感をくれるものって?【なっちゃんちのALBUS vol.9】

続きを読む

ALBUSノート

ALBUSBOOKカバーのひみつ

大切なアルバムを、水濡れや汚れから守ってくれるALBUSBOOK専用の「ALBUSBOOKカバー」。

一見シンプルなカバーにも、実はいろんなこだわりがあるんです。

こだわり1

水濡れや汚れを防ぎながら、
アルバムの色や手触り感を感じられる

ALBUSBOOKは、家族の宝ものとして長く手元に置くからこそ、発色がよく、手触りのいいオックスフォード生地を採用しています。… 続きを読む